R帝国

中村文則さんのR帝国をついに最後まで読んだ。ついに読んでしまった。リーガルハイやブラックミラーを最後まで見終わってしまった時の脱力感に近い。

特に面白かった瞬間をメモった。

52 彼らから早く離れたくなっている

54 抵抗 反抗と抗の字が同じだが

82 叔母を殺したのは移民たちだった

135 沖縄戦で日本は論理的だった

160 加賀と早見さんのどちらが悪だと思う

162 電気療法

198 深く考えてはいけません

(どこのぺーじだっけ)よくある失恋の思い出を大切にしすぎた

(どこのページだっけ) 幸福とは閉鎖である

(どこのぺーじだっけ) 20パーセントのチンパンジー

(最後のページ) 誰か僕たちを助けて下さい

このリストアップ作業はまだ途中。後半のスーパー面白シーンがまだ入ってない。

ーーー

「つまり人間とは何か」

多くの小説や映画や舞台作品がそれを主題にしている気が、最近してきた。

R帝国も完全にそれだ。「幸福とは《閉鎖》である」というセリフがある。もう最高だ。この一行で2時間は喋れる。

先進国とは何か。幸福とは何か。世界中で人々が飢餓や戦争に苦しんでいる横で僕たちは夢を語り、愛を語り、幸せとは何かを考える。彼らを無視することで、些細なことで浮き沈みある豊かな「日常」を確保する。

いやね、そういう話はごまんと聞かされてきましたよ。「世界がもし100人の村だったら」っていう絵本とか、ラッドウィンプスの「狭心症」とか、好きよ。

「地球上には衣食住さえままならない人々がたくさんいる」とか、「人類の7割はまだテレビを見たことがない」(何年か前の情報なので数字は変わってるかも)とか、「低賃金で劣悪な環境で外国の人たちが働かされている代わりに日本では質の良い服が2千円で買える」とか、聞いたことある。

聞いた時に、へぇー!と思った。まじかよー。やべえじゃん。世界には知らないことがいっぱいだなあ。考えさせられるなあ。幸せってなんだろなあ。おれは恵まれているのかあ。なんて。

R帝国は、この、「考えさせられる」分量が、ほかのあらゆるものの比ではない。

とにかく具体的で現実的な情報がどさどさと降り注ぐ。こっちが1ページ前のセリフで「考えさせられている」状態のまま、次のテーマが降り注ぐ。

ーーー

思考実験が好きです。「5人と1人とトロッコの話」とか好きです。「トロッコが暴走してこのまま行けば5人死なせることになりそうだけど、レバーを引けば路線変更して、1人死なせるだけで済む。あなたはレバーを引きますか?」ってやつ。

こんなんが膨大に降り注ぐ。こんなんのもっともっと身近で皮肉的で残酷なやつが。現代に生きる僕たちからすれば“すでに答えを出してしまっている質問”をされる気分。

そういう興奮を文学的な言葉で包んで披露してくれるから最高に面白い。物理学や心理学や経済学や戦争や恋愛やAIや政治のスーパー面白い話を、文学作品として胸に染み込むセリフと言葉で書き記されているから面白い。とても面白い。

ーーー

最後のページの最後の一行が、この分厚い本の中で最高の一行だった。

「吉川」という男の、心の叫び。

あの一行で終わり。最高だ。

本の一番最後の一行が、その本の中で一番面白かったことなんて今まで一回もなかった。たまらん。

知り合い全員に読んでほしい。順番に貸したい。

そして語りあいたい。

人間とは何か。