亜人20分くらいで終わった

映画の亜人を見ました。

亜人は漫画をコミックスで全巻読んでて大好きなんですが、実写の映画を見てきました。なんだあれ。いいじゃん全然いいじゃん普通にいいじゃん。テンション上がってるのでこのまま感想書く。

上映時間は20分くらいです

もうとにかくめちゃめちゃテンポがいい。佐藤健さんがインタビューで「今までの映画で見たことのあるものは1秒もいらない」って言ってたんですけどもまさにその通り。

もうね、漫画のストーリーのはしょりかたがうまい。「もうそのシーン行っちゃうの!?」の連続。さっくさく進む。待たせない。飛行機のシーンとかソッコーで来る。そして鳥肌立つ。あのシーンの実写化は破壊力半端ねえ。

IBMのCGいい感じです

IBMのCGが何より心配&期待ポイントだったんですけどこちらも概ね良好です。ディズニーアニメのキャラの方がもっとなめらかに人間ぽい動きするけどなーという引っかかりはありつつもね、概ね良好。

「黒ちゃん!」がかわいかったです。

ワンピースのハリウッド実写化が決まったそうですが、ヤミヤミの実のCGはぜひあんな感じでお願いします。

オリジナルストーリー良きです

漫画はそもそも佐藤まだ倒してないはずなんで、「どう終わらせるか」気になってたんですが、この辺の映画版オリジナルストーリーも非常にわかりやすくスッキリまとまってて、しかも終わり方が素晴らしい。もう最後の方、長い(けど全く長く感じない)バトルシーンなんすけど、見てて、

えーーー!まだ生きとんかーい!
畜生もう勝てねーー!!

えーーー!?佐藤くんまだそんな隠し球を!?
やるじゃんやるじゃーん!!

と思ったら佐藤くん!?いやいや!!え、まじで?まさかのバッドエンドキターー!!

、、と!!思ったらそうそうその伏線がまだあったぜさすが佐藤くん!!いやーめでたしめでたし、、

、、とーーー思ったらちょ、ちょまっ、佐藤くーーーん!!ハイここでクレジットーーーーー!!!
え!?もう1時間半経ちました?ウソでしょ?

↑っていう感じです。

っっっっっと思ったらオーーウェーーイクレジット中にワンシーン挟まるヤツー!!おいマジか、、っとクレジットに戻るー!!!!100点!!!

↑っていう感じです。いやもう、映画って終わり方次第でいくらでも評価変わりますわ。終わりよければ全て良しですわ。

なんかもー、ジェットコースター乗り終えた気分。

ふぅーーーーーーーーーー、、、、、、

って感じ。

引っかかりポイント

もうね、実写映画化する上でのポイントは全部抑えてると思う。自害することを「リセット」ってネーミングつけたのも漫画読んでない人に雰囲気伝える上で役立ってると思うし、亜人に関する情報は整理されてきちんと伝わってて、整理し方がうまい。

ただね、ガストンが亜人ていう漫画のどこが好きかっていったらアレですよ。

『スワンプマン』ですよ。

つまり、「自分が死んで、自分の外見も記憶も引き継いだ別の生き物が明日から自分から生きるとして、それは自分と言えるか」的な哲学の部分がゴッッソリ実写版では抜けてるんすよ。

亜人では「断頭」をテーマにこれが何度も描かれてるじゃないすか。

亜人って、心臓撃ち抜かれても生き返るんだけど、頭を切り離されて、体から一定距離離れてしまうとね、体から新しい頭が映えるんですよ。

つまりアンパンマンですよ。

アンパンマンって、あ、アンパンマンじゃん。

いま言いながら気づいたけどアンパンマンじゃん。アンパンマングロ。おも。断頭やないか。

つまりね、あなたがアンパンマンだとする。顔が汚れて力が出ないよーと。

バタコングが「新しい顔よ」言いながら向こうから頭を投げて来る。あなたの頭が飛ぶ。飛びながら、あなたはあなたの体を見ている。あなたの体にくっついた新しい顔が、「ありがとうバタコ!」とか言ってる。そして明日から「アンパンマン」として生きていく。あなたは草むらに落ちて、空を見上げたまま回収されず、動くこともできず、ただその辺の犬に食われるのを待つだけ、、

というわけですよみなさん!!!
これが断頭の恐ろしさですよ皆さん!!!
社会的には自分は死んだことになってないけど「意識」としては完全に死んでまっせ!!

やべーーー!!
思考実験が捗る捗る。
亜人は格好の話のつまみのネタでござる。哲学の話がガストンは大好きでござる。

こないだ見た「プレステージ」という昔のマジシャンの映画も同じことをテーマにしてるでござるよ。「自分とは何か」でござるよ。

いやまあ、実写版亜人でその辺のことを詳しく話さない理由も、ラストのあのシーンで「あーだからか」と納得できるんですけどね、、

あかんわネタバレせんようにしとったらこんなことしか書けんわ。みんな見て。

できれば亜人読んでから見て。あるいは見てから読んで。フォージ安全編まで読めばいいから。9巻までかな?

以上亜人実写版感想でした。

あ、あと、人死にまくるし自害しまくるくせにグロいシーン全然ないし、血もあんまり出ないあたりが怖がりなガストンには好印象でした。上映前の洋画のホラーの予告の方がよっぽど怖かったです。目は開けてません。予告には注意してください。

ふうーーーーーー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です