アナと雪の女王レビュー(ネタバレなし)

こんにちは!ディズニー大好きガストンです!

ネタバレ一切なしでレビュー

まだ見てない人も、ネタバレなしなのでご安心を。とはいえ感想はがっつり書くので、なんも聞いてない状態で見たい!という方は自分の信念に従ってあるがままに、あるがまま、ありのまま、ありのままの姿見せるのよ ありのままの自分になるの 何も怖くな、、、!!ああいけないガストンったら歌っちゃう歌っちゃう

感想は、「オラフ面白かった」

ついつい歌っちゃうガストンだけど、感想言うならぶっちゃけ、期待しすぎたというか、まああんまりでした。

そりゃね、ディズニー初のダブルヒロインで、トイストーリー3を抜いてディズニー史上最大ヒット。アカデミー賞を受賞し、アバター、タイタニックに次ぐ歴代3位!とまで言われてもうテンションMAXで見に行きますよそりゃ。トイストーリー3よりおもろいてどんだけやねんと。でもストーリーが微妙だった。ディズニー映画のラストは、みんなハッピー!めでたしめでたし!あー感動!ってなりたかったんだけど、ならなかった。一番印象に残ったのはオラフっていう雪だるまのキャラクターが面白かったこと。

見たのは2D吹き替え版。エルサ姉さんの声を担当している松たか子と一緒にばっちり予習ずみのLet It Goを頭の中で歌いたくて吹き替えにした。ほんとは吹き替え3Dがよかったけどなかった。

ストーリーが残念

自分がディズニーアニメの何を最も重視してるかというとダントツでストーリーです。脚本。ストーリーに違和感があるとだめ。あるキャラクターがある行動を取るときに、そこに完全な必然性がないといけない。全部に納得できなきゃ共感できない。お話を進める上でそれって多分、ほぼ不可能に近いくらい難しい。でもそれをやってのけるからディズニーはすごい。あるいはほんとはおかしいし共感もできないストーリーでも、巧みな演出で違和感を払拭できるからディズニーはすごい。

違和感を帳消しにする演出

例えば美女と野獣。よくよく考えたら、ベルに共感できない。だって、お父さんを無条件で牢屋に閉じ込めた野獣をたった一日で愛してる。一日て早くね!?と思うけど、雪が降ったり天気が変わったりご飯を食べたりダンスを踊ったりしてる描写が入ることで、一日に見えない。こういった巧みな演出がまじで好き。

まとめ

脱線したけどまとめ。アナと雪の女王は見るべし?見ないべし?

さんざん言ったけどそれでも映像まじできれいだし挿入歌のLet It Goまじいい曲だしストーリーもなんだかんだ十分面白いので見るべし。あとオラフまじでおもろい。笑えた。特にこだわりがない限りは3D字幕で見るべし。同時上映の『ミッキーのミニー救出大作戦』がまじで2Dより3Dで見るべしな映像なので。