Twitterで意識高いアピールする人はなんでそんなことするのか

こんにちは!イーモバイルからワイマックスに乗り換えたいです!ガストンです!

大学3年の夏に、同期の友達に「1年の頃はお前だいぶ痛かった。Twitterで意識高いアピール激しかったよ」って言われました。しかもかわいい後輩の目の前で言われました。めっちゃ恥ずかしかったです。しかもわりと図星。だからつらい。思い返せば、当時所属していた舞台つくるでっかい学生団体で学んだこと、とか、大学生とはこうあるべき、みたいなツイートしてたなと。ああいうの後から言われるのは死ぬほど恥ずかしい。いつまでたっても慣れない。

で、ここでは、Twitterで意識高いアピールする人はなんでそんなことするのか、っていうのをあくまで僕の場合を例に書きます。これまた恥ずかしい。穴があったら入りたい。

理由は何個かある。ひとつめは純粋に「他人より努力していることを明らかにして安心したい、優越感を得たい」ということ。意識高い人って大抵、自分の将来を真剣に考えてると同時に、不安でいっぱいなんじゃないかと思う。高校までは大学入るために勉強してりゃよかったけど大学入ってからはどうしたらいいんだろう。今までほどわかりやすく誰も「正解」を教えてくれないから、これかな?と思うことをやってみるしかない。コンペに作品出すとか、グループワークで班長を買って出るとか、活気のあるサークルに入ってみるとか、学外活動やってみるとか、海外に短期留学するとか、たくさん本を読むとか、周りの大人や先輩がよく言うようなことは片っ端からやってみる。おれ、これでいいんだよね?大学生のうちにやっといた方がいいこと、ちゃんとやってるよ?っていうことを自分で自覚するだけじゃ不安は拭い去れないから他人に言ってもらいたい。お前頑張ってるよ、大丈夫、って言ってもらいたい。

同時に、やっぱり、不安を拭い去りたい、を通り越して優越感を欲する場合も多い。おれ頑張ってる、あいつ頑張ってない、「おれ>あいつ」みたいな図式を自分の中で確立させて優越感に浸る。そう思えてる間は人はとても幸せな気持ちになれる。これは誰にでも共感できるっしょ。正直わかるっしょ。

 

もうひとつ理由あげたら、「自分が今どこにいるのかを知りたい」ってこと。日々思うこととかをツイートしてて、「もしかしたらおれ、痛いと思われてるかも」って自覚してもなおそういう「痛いかもツイート」を続けてた時期があった。てか今もそうかも。

どういうことかっていうと、例えば「寝てない自慢」をしてる意識高いアピールしてる痛い人がいたとする。この人は、周りから「うわー寝てない自慢だキモーい」とか思われてると思ってない。痛いと自覚してない。

でもある日言われるとする。「寝てない自慢痛いよ」と。そうするとこの人ハッとする。「そうかおれは寝ずに制作してること自体がえらいことだと思っていたけど、実際は大してすごい作品つくってないわ。寝ずに制作することがえらいんじゃなくて、すごい作品つくることがすごいんだ。なのにおれったら寝てないだけで安心しちゃって、バカだったなあ」みたいな気付きを得られる。

このとき本人はとても恥ずかしいけど、とても幸せ。なぜなら、痛いと思われてるかもしれないと自覚しながらも、何がどう痛いのかよくわからないから誰かにズバッとツッコまれるまで痛いツイートを続けるという苦行の成果が実った瞬間だから。そりゃ嬉しい。この気持ち、わかる?

あともいっこ理由あげたら、「誰かのモチベーションを喚起できるかもしれないから」ってのもあるかも。例えば僕なんか単純バカだから、有名なデザイナーが雑誌で「僕はデザイン案をクライアントに何百も提出することがよくあります」みたいなこと言ってるの読んだらもうそれだけで「すげえ!とりあえず今すぐ帰宅して制作しよう!」みたいになる。もっと言うと知り合いの先輩が有名な大手の会社に内定決まったって聞くだけで「やべえ!おれも頑張らなきゃ!」ってなる。バカみたいだけど、実際やる気出てんならいいんじゃない?って思う。

そんなモチベーションの喚起を、「もしかしたらこれつぶやいたらおれにもあの高ぶる気持を

どこかの誰かに提供することができるかもしれない」とか思いながら、痛いツイート、例えば「寝てないツイート」とかしてたりする。まあ、誰かがこれでやる気出るかも、と思えたら、痛いと思われようとやりがいあるかもね。

 

 

かなり僕の場合の話だから他の人の場合はどうかわからんけど、おれの場合はこんなかんじの理由です。こんな感じの理由で、ちょっと前まで痛ーい意識高いツイートをしてたらしいです。まあ自覚はなかったし今もそんなに痛かったなあという感じはあるけど。いずれにせよ今も痛い可能性あるから「あの頃は痛かった」なんて言えない(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です