英語勉強webツール紹介

こんにちは。昨日トイ・ストーリー3を見ました。2回目だけどやっぱり感動しました。ディズニー大好きです。ぐっさんです。

今日は英語勉強に役立つwebツールをどどーんと紹介だー!!ぐっさん主観でのどれぐらい役に立つか、ぶっちゃけどれぐらい続けられるかまで詳しく書いてくぞ!!英語勉強したいけど何のためとか具体的に決まってない画面の前のてやんでいも暇つぶしに見てけやチェケラっちょい!!!!!

1.skype英会話(有料)

home

リンクはskype英会話大手のラングリッチというサイト。ところで皆さんスカイプ英会話って御存知ですか?今や月5000円前後で自宅で好きな時間(時間の制約は会社による)に毎日25分外国人と喋ることができる時代です。聞くところによると従来の対面型英会話教室と比べて同じ時間にかかる費用は20分の1とかなんだって。「スカイプ英会話ってそんなに安いんだ!」というよりむしろ「今までの英会話教室ってそんなに高かったの!?」という方にびっくりしたのは僕だけでしょうか。

とにかく、1ヶ月ごとの支払いで毎日25分で5000円です。「英語の勉強なんて大嫌いだ!!コミュニケーションツールだろ!?要は伝わればいいんだろ??」と思ってしまう僕にとっては「毎日話せる」というのは魅力的です。実際、上のラングリッチと、レアジョブという2社で無料体験をそれぞれ2コマずつ(計100分)やってみましたが、これが毎日か、いいな、と手応えを感じました。

「日本語が話せない相手と25分話さないといけない」という不安もはじめはありましたが、わりとなんとかなりました。もちろん多少英語が話せないと話が進みませんが、ほんとに中学生英語とボディランゲージがあればどうにかなります。僕はセンター英語170点で今受けると多分60点ぐらいしか取れない自身がありましたが、楽しむことはできました。「どうにかなるなあ」ということを無料体験で実感するのはおすすめです。

今有料版をお父さんにおねだりしてるんですが返信が来ません……待ってろ今に帰省してスライディング帰省土下座をお見舞いしてやるぐへへへへ

2.weblio(無料)

http://uwl.weblio.jp/

英和、和英辞書。僕は、あれ英語でなんていうんだっけ、と思ったらブックマークツールバーに置いてあるweblioをクリックします。

使ったことある人多いと思いますが、アカウントを作って(無料)英単語帳を作ることをおすすめします。そして英単語帳上で常に英訳、和訳機能を使うのです。すると今までに調べた英単語が常に表示されます。これが学習に役立ちます。自分が過去にわからなかった単語だけの英単語帳なので効率的です。また、weblioは実は長文の翻訳機能も持っています。ここに英英辞書まで搭載してくれると完璧なのですが……

英語の勉強を続けている限り頻繁に使うことになりそうです。

3.ずるっこ!(無料)

http://zurukko.jp/

サイトはしょぼいですが、こいつまじ最強です。

英語ばっかのサイト行きます。ブックマークツールバーにいるこいつをクリックします。あっという間にさっきまでの英語ばっかのサイトが、日本語ルビ訳つき英語ばっかサイトに変貌します。さらに英単語をクリックでルビを消したり出したりできます。文法わかんなくても単語さえわかればなんとなくわかるよね!!と思い込んでいる僕みたいな人には感動の瞬間です。

しかし実際、そもそも英語のサイトを見る習慣がなければ当然使いません。

簡単な英語で書かれたデザイン系のブログとかあったらな…簡単だとずるっこ意味ないか。

もちろん結果的に僕はあんまり使ってません(うんこ)。

英語を読む習慣をつける起爆剤としてどうぞ。おれも頑張る。

4.ランゲート(無料)

http://lang-8.com/

こいつもすごいっぽいです。英語で日記を書いたらネイティブが添削してくれます。変わりに自分は日本語を勉強してる人がつたない日本語で書いた日記を添削してあげます。すごいけどこれも続かなければ意味がありません。三日坊主の僕は2年前くらいにちょっとやったことがありましたが、誰も添削してくれないのが寂しくてやめてしまいました。おれは日本語の添削してやったのになんだこの仕打ちは!プンプン! とはいっても3回くらいしか投稿せずにやめちゃったし、もっと続けたら添削してくれてたかもしれないし、今では状況も変わってるかもしれません。この記事を書くついでに一回久しぶりに投稿してみたら、ものの30分くらいで添削してもらえました。なによ…あたしに戻ってきて欲しいの? このこのー!!!!///

5.ロゼッタ・ストーン(有料)

http://www.rosettastone.co.jp/

webツールじゃないけどついでに。これは有名ですよね。1年前くらいに本屋や電気屋で宣伝してました。

実はこんなお高い英語教材にも僕は手を出していました。5万くらいします。あくまで主観で言っていいなら買わんでよし。

教材の中に一切日本語が出てこなくて、英語とイラストだけで進めるから赤ちゃんと同じ要領で言語が学べる!というのがこのロゼッタ・ストーンの売りなのですが、それ自体はいいと思ってます。そういう勉強方法は気に入りました。しかし、扱っているレベルは小学生〜中学生までだし、進行は遅いし、実践的じゃないなというのが印象。だって、レベル1〜5まであるんだけど、レベル1とかあれだよ。redとかblueとかだよ。「やってられっかあぁー!!」だよそりゃそうだよ。楽しみながらできるというのは本当です。今でもたまに「息抜きとして」やります。でも息抜きにこんなお金払わなくていいです。

僕らは中、高と6年英語を勉強してるのですでにロゼッタ・ストーンの最高レベル5まで行ってます。もし中国語とか、全く知らない言語を学ぶならロゼッタ・ストーンはまあそんなに悪くないんじゃないかとも思います。僕は多分買いませんが…

思ったよりも思いつかなかった…あんまり使ってなかった…もちろんたくさん使うほど滑稽ですが。

しかしあれですね。英語を勉強するために一番大事なことは具体的な目標を持つことですね。それがないと絶対続きません。僕は来年、ムサビの英語の授業を履修するために今勉強してます。ほらね?こんな風に、明確な目標をもって初めてスタートラインに立てるんですよ。つまり、僕みたいに明確な目標を持ったところで三日坊主は大変だってことですよ。

縛って!!あたしを縛って!!誰でもいいから明日から日本人全員英語喋らないと死ぬ憲法作って!!じゃなきゃあたしは…

普通に英語頑張ります