ユニコンに行ってきました。

こんばんは。今マクドですが、隣で高校生が勉強してます。頑張ってください。

さて山口はこの春休みに短期留学しようと思ってて、今日はそのためにユニバーシティ・コンサルタンツ、通称ユニコンに行って来ました。

ユニコンとはロンドン芸術大学(イギリスの美大連合みたいなの)の唯一の日本窓口?みたいなもので、ロンドンの美大に留学したいならここに相談すると無料で色々教えてくれるよ!みたいなとこです。その存在をこないだデ情の先輩から聞いて、今日行ってきたと。

このユニコン、webサイトも建物も驚くほどしょぼいのですが(こら)、中身は普通に良心的でした。webサイトは見ての通り

http://www.unicon-tokyo.com/index.html

だし、建物はオフィスというより家。スタッフは僕が行った時は女性が二人。おいまじか、と思いましたが、内容は何も問題ありませんでした。

留学の斡旋業者ではなくロンドン芸術大学の公式窓口(ムサビの生活課みたいなもん?)なので相談料は取らないし、たくさんある短期留学コースそれぞれの内容についても割りと詳しく教えてもらえたし、ホームステイや航空券など、留学に伴い必要な手続きも、どうすればいいのかの指示を出してくれました。一人で海外旅行したことのない僕としてはとても助かりました。もちろんスタッフの方々も留学経験者らしく、向こうに行った時の体験談なども話し手くださいました。申し込みも、書類送るのとかやってくれます。ぶっちゃけここ通さないと留学はほんとに壁高かったなーと思った。

短期留学についてはwebサイトいろいろ調べてても、全部英語なのを仮に抜きにしてもぶっちゃけ読んだだけでは全然イメージがつかめませんでしたが、今日ユニコンの人に日本語で色々教えて頂いて、ぼやーんとですがイメージがわきました。それに日本語でのコース一覧表とか資料をたくさんもらって、やっと留学についての準備のスタートラインに立てたという感じです。本当に助かりました。

語学留学2週間とCSM(セントラルセントマーチン)のアート、デザイン系の授業を2週間とって、計1ヶ月、3月いっぱい留学する予定です。

ところで、「自分が何をしたいのか明確にしないと、留学しても意味ない」と色んな人に言われたり言われなかったりで、「ぶっちゃけ明確な理由があって行くわけじゃない」僕としては悩んでいたんですが、「理由は向こうで見つけられる自信がありまくるのでとりあえず行く」ってことにしました。

ユニコンの人も「やりたいこと明確にしないと」とは言ってましたが、「行かないと何もわからないし、行って、『やりたいことと違った』と思ったならそれを知れただけでも十分な収穫といえると思う」と言っていて、「いやそうなんだよ」と思いました(←誰)。

今までそういうふうに生きてきたフシがあるからそう思うわけです。決して胸をはれた生き方だとは思いませんが、ぼくはそうなんです。最初美大目指したときは「絵描くんでしょお〜?いいじゃーん」とか思ってましたが、そのために高校で美術部に入って、そこでやりたいことは変わりました。デッサンの予備校に入っても、また変わりました。デッサンをやっているうちにもまた変わったし、デ情に入ってからも変わりました。変わりまくりです。生涯通してやりたいことなんてまだ見つかってないです。「とりあえず人との関わり合いのある仕事がいい」ぐらいしか決まってないです。どの分野でデザインをしたいかなんてなーんもです。

でも、今までそれを見つけようと必死にもがいてきて、新しく出会った分野に興味をひかれたりしながら、その証拠に高校の美術部にいる間も、デッサンの予備校にいる間も、デ情にいる間も、やりたいこと探しのアンテナを折ったことはありません。感度が下がってる時期はあったけど…(廃人)

そんな将来展望まるで未完成な状態で今までもがきながら生きてきた学生がなんとなく留学したいって言ってるんだから黙って行かせろ。「やりたいこと見つけて行きたい理由ができてから行くべき」とかもう頼むから吹き込まないで。行動した後悔なら後からすればいい。行動しなかった後悔だけはしたくない。おれはまだなんもわかってないでしょが。だから行くんでしょうが。そりゃ目的はっきりして行く人に比べればお金はもったいかもしれないけど、おれはおれなりに学んでこれるものがあるはずだから、絶対金と時間は無駄にはしないという気持ちがあれば「行かない方がマシ」なんてこと絶対ないと思う。だから行く。

ふうーっ…思ってたこと言ったぜ…スッキリだぜ…

とりあえず今読みながら「こいつは留学できる金と時間がありながら何を高尚な悩みを自慢してんだ殺すぞ」と思った画面の前の君は今すぐ実行に移すといいと思うヨ!!ボクが日本を発つ前にネ☆!!(笑うとこ!!)