バイトすることについて

こんばんは。今5時間勤務から帰ってきて風呂入って洗濯して干してコーンフレークを食べようとしたら牛乳がなくてがっかりしたところのグストンです。

今日友達とバイトの話で意気投合して気持ちよかったです。というのも、

学生が遊ぶ金欲しさにバイトするのはかっこ悪くね!?

バイト一回してみなよとかすすめたり、バイト一回もしたことない人を若干バカにするのおかしくね!?バイトしてるからって偉くもなんともなくね!?

グループワークの会議を欠席するとき「バイトだから」って言ったら「じゃあ仕方ない」って許される感じ何アレ!?仕方なくなくね!?学生の本分はどっちよ!?

バイトしたらコミュニケーション能力つくとか言うけど、おれバイトしてないけどバイトしてるお前よりコミュニケーション能力ある自信ありまくりだよ!

生活費とか学費とかギリギリでバイトするならそりゃもう仕方ないよ!?でもぶっちゃけそうじゃない人多いでしょ!?そのくせにバイトしたことない人小バカにするとかグループワークの会議休んで平気な顔してるとかもうホントに信じらんない!!

ということですね…

1年の時から僕はこんなふうに思ってましたし、バイトを始めた今でも思ってます。

なんで僕が今バイト(ラーメン屋)しているのかというと、僕は1年の時から生活費や学費において金銭的にそんなに困ってなくて、真剣に打ち込んでいた学校のサークル(epa!)で忙しかったのでバイトなんてする気にもならなかったのですが、サークルも終わり、暇になり、遊ぶ金を親にねだったら「バイトもしてみい」と言われ、前々から周りの友達からも「バイト一回してみた方がいいよ」と言われていてもともとちょっとだけ興味があったのもあり、バイトすることにしたのです。家から近くてまかないも出て時給も悪くないということで今のところを選びました。

今、3ヶ月目です。もう研修期間も終わり、かなり慣れてきました。で、バイトやってみた今のところの感想はというと…

周りの友達が言っていたほどいいもんじゃない。思っていた通り。こんなもんかーって感じ。覚えさえすれば誰でもできる面白くもなんともない仕事を淡々とこなしていつも同じこと繰り返すことが僕は耐えられない。なんで第一志望の大学に受かってこんなことしてるんだおれ、ってなって耐えられない。コミュニケーション能力なんて微塵もつかない。てかもとからあるわ。店長よりも誰よりもおれコミュニケーション能力あるわ。ついたものといえば「かしこまりました」を早口で言うこととか「グリル」っていう鉄板系専用の洗剤はめちゃ強いから直接触ったら危ないよ!っていう豆知識とか女子トイレには男子トイレにはない特別なゴミ箱が個室内に設置されているという知識とかそんなん。超どーでもいい。

でも、やってよかったなとは思う。こんなもんかーってのが知れたから。だから、もういい。このバイトはやめようと思ってる。もう十分「バイトってどんなもんか知る」という当初の目的は達成した。将来は絶対飲食店で働きたくないなと思った。おれたちまだ学生なんだよ。未来を選べる若者なんだよ。親が自分の人生に投資してくれてる間にすべきことがあるだろうがよ。

ちなみに、おれはデザインの専門学校でTA(ティーチングアシスト)のバイトもしているんだけど、そっちは自分の目指す将来と繋がってるからいいと思うんだよ。そういうのは全然いいと思うんだよ。目的がお金じゃないからね。経験だからね。

ちなみにちなみに、いろいろ書いたけど実際のところ、遊ぶ金欲しさにバイトすることに関して、カッコ悪いなーとは思うけど、否定はしない。個人的な意見としてダサいとは思うけど、そういう生き方というか選択そのものを否定することはおれにはできない。そこまで「親から学費出してもらっている生活の有意義な過ごし方」についての考えが定まっているわけではない。

まあダサいとは思うわけだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です