【Mac】「IMG_5290」が「20130220IMG_5290」になる方法

こんばんは。今デ情の友達と旅行でトルコのイスタンブールに来ています。めっちゃ楽しい。グストンブールです。ところで、今日こんなこと思ってました。「一眼で撮った写真をFinderに入れたら勝手に『IMG_5402』みたいなファイル名になるけど、5402は日付とか時刻でもなんでもないし、これが自動で『201302201524』(年月日時刻)とかになったらクソ便利だなー」と。で、調べたらMacでできる方法ありました。

このブログの読者にとってイスタンブールのおもしろ漫談とどっちが聞きたいかって考えたら一目瞭然なので、今日は楽しくイスタンブールのおもしろ漫談をばIt’s joking.HahHah.

f:id:shohate:20050502180020j:plain

やり方はまじ簡単。まずMacに標準搭載されてるAutomatorをアプリケーションから選択して起動。読み方は「アウトマトア」Oh,boy.joking,joking.

f:id:shohate:20130220084304p:plain

起動したら「フォルダアクション」を選択

f:id:shohate:20130220085044p:plain

「追加しない」をクリック。

f:id:shohate:20130220085247p:plain

各選択項目をいじくり回して上の画像の赤枠線内のようにする。

右上の枠線内には、「このフォルダに入れた画像データに対して魔法をかけて欲しいな☆」と思うフォルダを選択。僕は「ピクチャ」>「写真フォルダ」>「トルコ旅行」を選択。

おおーっとここで「リネーム用フォルダ作れって先に言っとけボケナス」と思いながらサイドバーの「ピクチャ」内に「一眼」なり「写真フォルダ」なりのフォルダを作成して魔法をかけたいフォルダを作成だあ。

つまりね、このフォルダにぶっこんだ写真(IMG_5290など)が自動ですぐに20130220IMG_5290になるということなんだぜすげーだろ。

できたら⌘+Sで保存。名前は「リネームだぜ」でも「トルコわっしょい」でもなんでもいい。

これで完成…と思いきや違う。まだ。

f:id:shohate:20130220090739p:plain

Finderを開いて魔法をかけたはずのフォルダを右クリック。

「フォルダアクションを設定…」をクリック。

f:id:shohate:20130220090927p:plain

さっき作ったリネームだぜでもトルコわっしょいでもなんでもよかったときにつけたフォルダアクション名が下の方に出てくるので選択して「関連付ける」をクリック。

これで完了。おしまい。

そしたらこの魔法がかかった「トルコ旅行」フォルダに「IMG_5290」とかのファイルを入れるとあら不思議。数秒待つと「20130220IMG_5290」になるではあるではありませんかうひょうひょうひょひょ。

ちなみに、Automator起動して最初に「フォルダアクション」じゃなくて「サービス」を選択しとくと、任意のフォルダに入れたやつが勝手に魔法かかるんじゃなくて、右クリックで任意のフォルダに魔法がかけられるようになる。

f:id:shohate:20130220091655p:plain

フォルダアクション作るついでにこれも作っとくと便利。

さらにちなみに、フォルダアクションは入れ子になってるフフォルダすべてにかかるわけではないみたい。「トルコ旅行」フォルダに魔法をかけたらかと言って「トルコ旅行」の中の「ブルーモスク宮殿」フォルダの中の写真には魔法はかからない。そういう場合は「ブルーモスク宮殿」フォルダを右クリックして「フォルダアクション設定」クリックして作ったフォルダアクションを選択すればok。

どや。

なんか間違いあったらコメント下さい。訂正します。

もう友達寝てしもたわ。

おやすみ。

ろろろろろろろろろろろろろろろろろろろろろろろろろろろろろろろろ

追記。20130222

家のiMacでもやってみたらAutomatorのバージョンは同じなのになぜか「Finder」で検索してみても日本語で「Finderの名前を変更」が出てこない。英語がいっぱいでてくる。でも大丈夫。「Rename Finder Items」を選択すれば大丈夫。

f:id:shohate:20130222161405p:plain

あとは同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です