「就職」って職種によっては思ったよかちっこい

こんにちは。いよいよ明日明後日でロンドンともお別れです。日本に帰れる。日本に帰れる。帰ったら友達と飲むんだ。友達と、日本語で、バカな冗談言い合うんだ。ガストンです。

【今日のまとめ】

転職というものがあるくらいだから就職っていうのはそれだけで人生決まるようなだいそれたことじゃないんだよなー、人生長いしな〜

【順を追ってはじまりはじまり】

今日ショートコースのクラスメイトの日本人の友達Mさんと夕ごはんに行きました。彼は34歳で20歳の僕より断然年上なんですが、webデザイナーまたはプログラマーへの転職をちょっと考えているということで、僕もwebデザイナーを目指してて勉強しているということで、色々お話させて頂きました。プログラマー、という職種がどんな言語を扱うのかとか実際どんなことするのかよくわからないのでそちらについてはあまり参考になることは言えませんでしたが、webデザインについて学んだ僕から言えることを話してました。

webデザイナーになるためにデッサンはいるのか、デザインていうのは才能とかではないのか、アーティスティックな感性みたいなものは必要なのか、プロのwebデザイナーになるにはどれくらいの時間が必要なのか、34歳から始めても遅くないのか、専門学校を卒業しただけで就職できるのか、給料はどんなもんなのか、業界全体の景気などなど…

高校3年間デッサンを学んで美大に現時点で2年通ってその過程でダブルスクールで専門学校のwebデザインコースを卒業した僕から言えることは全部お話させて頂きました。

いくらか参考になれたようで嬉しかったのですが、僕が今日そんな「何をどうやったらwebデザイナーになれるのか」という話を30代の大人の人にしていて思ったことは、就職というのは職種によっては思ったよりもちっこいなーということです。

例えば、専門学校のwebコースは平日昼コース(フリーターの人やガチ転職を考えてる人が大体受ける)とか受けて、家でちゃんと復習もして授業についていけてる状態で普通に半年くらいで卒業したら、その時点でwebデザイナーとしてやっていける技術は身に付いているはずです。選ばなければ職はあると思います。webは技術職ですが、マスターするのに何年もかかるなんてことはないです。

僕はMさんに、今からでも全然なれると思う、と言いました。そもそも業界自体が5年おきに必要なスキルが確実に変わるような業界です。技術さえあれば年齢やバックグラウンド関係なく仕事が手に入ると思います。

僕はそんなことを言いながら、「就職」をMさんみたいな視点(簡単にいえば転職)から考えたことなかったなーと思いました。大学卒業したらどうするか、ということしか考えたことがなかったので、その先にある「転職」はそれはもうぼけーっ!!としか考えてませんでした。というか考えてませんでした。というか存在しないものかのように思ってました。

Mさんのこの言葉が印象的です。

「人生がみんな50歳とかで終わるんならおれも残りの人生適当に暮らすんだけどね~。大体みんな80歳まで生きるみたいだからな〜」

人生は長いです。僕まだ20歳だけど、今までのすべての人生が丁度あともう3回あるとかちょっと信じられません。長すぎワロタです。

僕も、将来転職する可能性があります。人生は長い暇つぶしだというのがマイフィロソフィーですが、ほんとになげーなと、人生何があるかわかんねーよなと。

すごい年上でしかも自分と全然バックグラウンドが違う人と話すのっていいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です