1おれたち金払って授業受けてる2長期的な自己投資

こんばんは。「青春っぽい」とは後からついてくるものである。ガストンです。

もうおれブログなんて書いてる場合じゃないはずで課題しなきゃいけないはずなので今日はさくっと終わらすよ。

こないだ短期留学でロンドン行ってきたの。あっちの美大が長期休暇期間に開講してるショートコースっての受けてきたの。ひとつ一週間で終わるショートコースよ。昼休み除けて一日7時間くらいよ。で一週間ていうのは5日間のことね。つまり7時間×5日間の授業ね。それに対してお金払うよね。コースによって額は変わるけど大体6万くらい。

で、授業受けてる間、英語はさっぱり聞き取れなくて暇なもんだからお金のこと考えてたよね。「こうしてる今も授業料発生しとるな」とかね。こんなのムサビで授業中に爆睡してても考えやしないよね。ロンドン来た途端にこんな感じですよ。授業内容とか教室の雰囲気とかは何も変わらないのにね。

そう、変わらないんですよ。みんながみんな多分、海外で美大の授業っていったら何かしら特別な感じ想像するよね。おれもそうだった。でも、一緒だった。デザイナーとして何年か仕事したことある先生が前に立って、デザイナーとして仕事なんかしたことない素人がその先生の話聞いて、やろうと思えば家で1人でできそうなワークショップやらされて、前に張り出されて、先生にコメントもらって、他の生徒も意見言ってくれたりして、で、終わり。全然想像できる範囲内ですよ。「こんなもんかー」ですよ。「まあそりゃそうかー」ですよ。国が違った所で授業の進め方とかそんなに面白いほど変わらないんじゃないかしら。もし僕のとった授業がそうだっただけだったとしても、少なくとも海外留学したことない人が想像する「なんかすごそう」に見合う授業なんてない。絶対ない。だって本当は「なんかすごそう」とか言いながらなんとなく想像してるわけじゃなくて何一つ想像できてないんだもの。なんとなくでさえない。行ってみて、具体を見て、形を知ってしまったら、もうふわふわした幻想は消えてしまうもんです。

長くなってしまいましたが、本題はこっからです。

「行ってみたらムサビの授業と大して変わらなかったにも関わらず、なんで僕は今になって『授業にお金払っている』ということに気づいたんだろう」ってことです。

もっと飛ばして今日言いたいことのオチまで言っちゃうと、

「ロンドンの美大に行って授業受けることになったとき、もし、自分が金払って予約したコース以外にも時間さえあれば自分が金払ってない授業にこっそり潜り込んでいくらでも聴講していい、って言われたらさぞかし大喜びして色んな授業を覗きにいくだろうに、なんでムサビでそれしないの?美術教育のレベルや雰囲気はそんなに変わらないというのに」という事です。わかったかなー?

ムサビ生なら平日昼、授業入ってないとき、文化総合1類とかいくらでも潜り放題だよね。下手したら学科別の1類さえ調べたら潜れそうなのあるよね。そして潜れる授業の中にはきっと自分が関心ある授業あるよね。もっともっと言うと、それはムサビ以外のタマビとか一般大とかにもあるかもしれないよね。しかもそいつらにも潜りは可能だよね。でも誰もしないよね。なんで日本語がこんなに流暢に使えてこの日本ではいくらでも行動できるのにしないんだろう。もったいないなと思ったわけです。ムサビって日本トップの美術教育機関デッセ。

ちょっと喋りたくなってきちゃったからもう一個書くぜ。

「ヶ月または年単位で自分のスキルアップの計画立てたことねーんじゃねおれ」ってことにもロンドンで考えちゃったよね。

ロンドンで語学学校にも通ってたんだけど、そこには、「2ヶ月前からここに毎日通ってます。あと4ヶ月ここにいます。その間に英語を仕事で使えるレベルまで話せるようになって、英語が必要な職に転職する予定です」みたいな志を持ってる生徒とかいたの。おれみたいな「ロンドンー?短期留学ー?こんなもんかー!」っていう感想を得にきた若者とは動機がまるで違うわけですな。

でさ、思った。「半年かけてこれをマスターしてそしてこれをできるようにする!!」みたいな「長期的な自己投資」って、おれやったことあるかなーと。

でも考えてみたらあったわ。デッサン予備校に通った3年間がそれだ。中学校の頃から「とりま美大っしょ。一般大とか行くかぼけ」とか生意気抜かしてた僕は、高校入って美術部入ってデッサンの予備校にも入って環境整えて3年間見事に継続してみせたわけだ。で見事に憧れだった武蔵野美術大学に現役合格したわけだ。あれ、ちょっとまって今思ったらこれ結構すごいことだぞ。おれ今まで自分のこと三日坊主だと信じて疑わなかったけど3年間もひとつの目標に向かって頑張った過去があっただなんて思いもしなかったわねえあなた。

「自分がどれだけすごいこと成し遂げて今があるのか」ってのはこうも盲目的になるもんなんだなと。だって考えてみたら、「中学の時から美大行くと決めてて高校3年間デッサン予備校通ってムサビ合格」とか、「高校3年でムサビに行くと決意してデッサン予備校通い出したけど只今一浪中」っていう人からしたら「すげー!!」って感じだと思うのよ。RADの曲にもあったけどおれがもう既に叶えてる夢っていっぱいあんのよ。それに憧れてる他人が世界のどこかにアホほどいるはずなのよ。でもそんなことおれら気づかない。

なんでか。夢叶っちゃってムサビ入っちゃったら周りはみんな同じ夢叶っちゃった人ばっかだから。みんなムサビ生だから。だからデッサンで受かろうと数学で受かろうとデ情受かってようと視デ受かってようと関係なく「私そんなにすごくないよお〜」って謙虚になる。学科なんて大した差じゃねえなってことにもみんな気づき始めるし。

で、例えば英語勉強してムサビ卒業した後海外の大学院に行く、とかも全く同じノリだと思うんだ。叶っちゃったら夢でも何でもない。

はい、もう終わる。終わるよ。まとめ。

最終的に言いたいことは、別に海外目指すつもりなくても「長期的な自己投資」は計画的にすべきなんじゃないかしら、ってこと。

社会人ならまだしも未来ありまくりの大学生が正月に「今年は色んなことに挑戦する一年にする!!」なんて「ノー・プラン」を宣言するようなもので、やる気のない無意味な抱負でしかないわけ。「今年何月に行われるなんとかいうコンペでグランプリとってそれを武器に2年後はどこそこに就職だああああ!!」みたいな具体的なプラン立てて実行にうつしてるやつが実はあなたのすぐそばにいたりする、でしかもそいつはなに食わぬ顔で普通に飲み会とかにも来てバカやってたりする、そんな恐ろしい場所なんだよムサビは!!マジで怖いよ!!

だからおれも今年まじで今年、具体的ではないけど明確に目指してる目標がひとつあるんだよ!!!今年の前期のうちに叶えたい目標があんだよ!!

だからブログ書いてる場合じゃないんだまじで作業に戻りますおわり。