お金について考えた末引っ越した

facebookのカバー画像とプロフィール画像変えたよ!はじめまして。私はガストン。あなたの心とカラダを守ります。えへへ。

やあみんな!お金について考えてる!?日本社会には勝ち組と負け組という言葉があるけど、そんなの誰にレッテルをはられるわけでもなくて自分自身が誇らしく生きていければみんなが勝ち組さ!じゃあどこで誇らしく生きていけるかどうか、つまり勝ち負けが決まるかというとその分かれ目のひとつにお金について考えてるかどうか、が挙げられると僕は思うな!(ドン!)というわけで僕もお金について真剣に考えた結果、引っ越すことにして実際に引っ越して全く間違ってなかったと満足しまくってるのでその一部始終をお伝えするよ!ちなみに、住みたくもないのに仕方なく家賃30000円の家に住んでる人が読んだら激おこなんとかインフェルノォォォオオオウになる可能性大だよ!注意して読んでね!

節約のために家賃以下のとこに引っ越した

まず僕の引っ越しの流れ解説!

1.家賃68000円のとこに一人で住んでた。周りの友達と比べてかなり高い。もちろん仕送りで。(ガッツ!)広い部屋を持て余してるなー、おれもっと狭くても大丈夫そうだなー、てゆうかキッチン広いのに全く使ってないのもったいないなー、なんならバス・トイレ別だけどこれ一緒でもおれ生きていけるなーお金もったいないかも、と思ってはいたもののそのまま3年と2ヶ月住む(アウチ!トマトを投げないで!)

2.進路について色々考えてて、大学卒業後、海外でwebデザインの学校に行きたいカモ、というお金を貯めたい明確な理由ができて引っ越しを決心。家賃30000円(5畳、バス・トイレ一緒、キッチン鬼狭い)のところに引っ越す。

3.あまりに狭いためベッド、冷蔵庫、机などを友達にあげたりして処分しまくる。本は電子化しまくる。着てない服も処分しまくり。結果、質量的には持ち物の総量が半分以下になるが断捨離ヲタクのガストンとしてはハピネスハピネス。

4.結果、毎月34000円のボーナスと狭いとこに住むことのオプションをゲッツ!

現状にいくらかの不満があった方がやる気出る説

でね、最後に書いた4.のオプションについて今日は書こうと思ってて、つまり作業してる時とか、何かしら状況に縛りがあった方がやる気出るんだよね。小腹が空いてるとか、ちょっとおしっこいきたいとか、ちょっと寒い、暑いとか、パソコンの充電もうすぐ切れそう、とか。何かしら条件があると何故か頑張れる。これが住居についても同じかなと思って。なんてったってガストンは人生において基本的に「作業頑張れてるぜ自分偉いぜいえあ」ってなってるか「やらなきゃいけないことあるのにやる気でないオレクソだ。。」ってなってるか「ディズニーhuuuuu!!!」ってなってるかのどれかなので、作業頑張れてるかどうかが日々を生き抜くための自尊心の持続に欠かせんわけですわ。だから生活環境自体が上の法則に従ってちょっと不満があった方がおれの人生はちょっとよくなるんじゃないかと思いましたわけですわ。

うちのお父さんは息子である僕に対するお金教育に熱心でね。僕が「カナダでwebデザインの学校行きたいからお金貯めるから引っ越すわ。まあまだカナダ行くか決まってないけど!あへ!」って話したら「もしカナダ行かんくても、お金貯めるために安いとこ引っ越すっていう経験は自分のためになるからええことや」って言ってくださいましたよ。ええ父親や。もともと、美大の高い学費に見合うだけの経験を大学で得るのってすごく難易度高いと思ってる。だって一年で1600万円やで!?1600万円あったら、一桁間違えてたわろた。ほんとすみません・・母から訂正しろとのメールきましたありがたや母。・・・1年で160万やで!?ほんでもまあ4年で640万や!日本のwebの専門学校に半年通って(だいたい50万とする)webの基礎知識つけて、海外に行って1年くらい語学学校通ったあと、(だいたい120万とする)そのまま海外で2年間webの専門学校通って(だいたい200万とする)そこに4年分の生活費足しても余裕でもしかしたらお釣りくるで!その1600万円をおれら大学4年生はもう既に3回も払ってんねんで!?どや!?見合った教育受けれてるか!?退学っちゅー選択肢見えてきたか!?もはや退学したら親から翌年1600万円160万もらえるとしたら何に使うかとか考えながら大学通った方がええと思うで!ほんでさらに4年生ともなると残すは卒業制作くらいで、卒業制作ゆうたら週に1回教授に自主制作の進捗見てもらって意見もらうだけやでしかし!これに1600万円160万やで!もっと熱中して卒制やらんともったいないやないかガストンおま何しちょるねん!もっと根気入れて卒制やらんかい!「「はい!!!!」」

…脱線したネ。もう引っ越しの話題とかどうでも良くなってきたわ。最後に引っ越ししてお金について思うこと書くわ。この辺でインフェルノォォォオオオウの起爆スイッチ押すけどね、お金はあればある程人をダメにする、っていう法則が、あるときはあるんじゃないかと思う。ONE PIECEで七光りバカ息子のヘルメッポっていうキャラがいたけど、あの感じは実際にある。世の中、お金で大抵のものが買える。お金があって、「お金を貯めよう!」という気持ちや生きがいがないと、生きるだけの生活になる。財布からお金を出して補給物を摂取することを繰り返すだけの生活になる。僕は今まで、ほぼ毎日外食していた。お金のことを気にして安い牛丼にしたりはしていたけど、それでも「口座の残高がなくなることはまずない」という金銭感覚で今まで一人暮らししてきた。実際にほとんどお金に困ったことはなかった。友達と飲み会に行く、となった時に金欠という理由で参加しない人の気持がまったくわからなかった。正直、今も「お金を貯める目標ができた」というだけでお金に困ってるわけではないから、切羽詰まった節約をする気持はまだわからない。