ベイマックスの感想

こんにちは!あれ?君のお尻割れてない?みんな割れてるか!ガストンです!

ディズニーの映画のレビューをしたためようしたためようとしてしたためられなかったガストンですが、頑張ってやります。

ベイマックスのレビュー前半ネタバレなし、後半ネタバレあり。頑張って書く。

絶対おもろいけん見よう

ベイマックス見た!?何回見た!?え!?0回!?なにしてんの!?それでよく「ベイマックスにおいておれの右に出るものはいない」とか言えたな!!何回言ったん!?え!?0回!?

ベイマックスはもう、もうね、半端ないよ。泣けるよ!?まじで泣けるよ!?てゆうかおれ泣いたよ!?言っとくけどガストンが映画見て泣くのがどれくらいレアかわかってるよね!?え!?知らない!?そんなことでよく「ガストンに関しておれの右に出るものはいない」とか言えたもんだぜ!!え!?言ってない!?

おれが泣いた映画っていうとあれよ!?指折数えて片手で事足りるよ!?おれが泣いた映画っていうとホタルの墓とミュウツーの逆襲くらいのもんよ!?あれは泣けるよね。。あとディズニーのプリンセスと魔法のキスも泣けるよね。。え?プリンセスと魔法のキス知らないの?プリンセスと魔法のキスっていうのはね、ラプンツェルの一個前に公開されたやつで、ヒロインがカエルに変身しちゃうやつで、悪者がこれまたいい味出してて特にやられるときなんかがもう、、なに?ベイマックス・・?あああの泣けるやつねはいはい。でね、悪役はファシリエって言うんだけど・・

とにかく王道

ベイマックスといえばとにかく王道だよね。もうめっちゃ王道。勇気・友情・勝利だよね。あと科学だよね。あと愛とかも、まあそうだよね。

あのね、ディズニーがものっすごい王道をやるっていうのはすごいことなのよ?ディズニー=話は王道が多い、と思ったら大間違いなんだよ!?それはそれはラプンツェルの直前あたりはねー「王道が求められていない」時代だったわけですよ。プリンセスと魔法のキスとか、魔法にかけられてとか、ボルトとか、全部「脱・王道」なのよ。ラプンツェルも、一見王道に見えて、あのラストシーンのびっくりドッキリとかね。くっそびびったよね。シュガーラッシュもね、あのレースのシーンであれが発覚するやつね、くっそびびったよね。もちろんアナ雪もあいつがあそこであーらららでな、はいそうなんですよ。ここ数年のディズニーの脚本には全部「ええええええええええーーーー!!!!!???」ってなる仕掛けがあった。つまり、ひねってるんですよ。

でもベイマックスは、そんな感じじゃない。いや、実際ね、カブキマスクのあいつがワーオ!っていうドッキリはあるけど、そこまでじゃない。えええ!?ぐらい。ええええええええええーーーーー!!!!??とかならない。ベイマックスの魅力はひねりじゃなくて、王道を行ってるとこにある。とにかく見ればわかる。もうね、「これが家族向けエンターテイメントやーー!!!」ってなるから。

テンポがいい

これ!!!もうほんっとーーーにテンポがいい!!テンポ!!ベイマックスはほんともうテンポ!!サンダーボルト・テンポ!!

映画ってちょっとでもテンポ悪いと、見てる途中に「今半分くらいかな」とか雑念入っちゃうんだけど、ベイマックスはもうまじでほんとにそんな隙ない。びゅんびゅん飛ばすから気づいたら物語終盤になってる。テンポの良さはシュガーラッシュ超える。アナ雪はテンポがよくなかったと思うんですが、ベイマックスはもうテンポ最高。ディズニー至上最高。

テンポがいい映画は、見てて不安がない。アナ雪は見ててすごく不安だったけど、(そしてその不安は割と的中したけど、)ベイマックスは超安心の超特急。最高。

映像がきれい

あとまあ映像がきれい。なんか、今回新しく開発された編集ソフト?がカーチェイスのシーンで使われてるらしい。実際にものっすごいきれい。雨で濡れた路面とかやばい。水とかやばい。

ネタバレなしのまとめ

とりあえずベイマックス見てない人は見よう!ディズニー好きじゃない人に対するおすすめ度はアナ雪もラプンツェルも越えて一位に躍り出る勢い!!おわり!

以下、ネタバレあり

はいこっからネタバレありの感想。

ストーリーの構成が完璧と言わざるを得ない

ベイマックス見た!?ストーリー完璧じゃない!?ストーリーの組み立て方の完璧さがシュガーラッシュの次ぐらいに食い込んでこない!?もうね、ヒロがタダシの死によって正しいことができなくなってる状態から、タダシが残したベイマックスによって復活して、しかも悪役のキャラハン教授も娘の死によって同じように正しいことができなくなってて、ヒロがそれを助けるというね。あかんもう一個一個見ていこう

誰かが助けに行かないと

火事の中、タダシがキャラハン教授を助けに行こうとするとき、ヒロが止める。その時タダシは「誰かが助けに行かないと」って言う。ヒロは手を離す。手を離したことをヒロは絶対後悔してたと思うんだけど、最後の戦いで、異空間の中にベイマックスが生命反応をキャッチする。キャラハンの娘が生きていることを知ったヒロは、これを助けに行こうとする。もちろん危険。でもヒロは「誰かが助けに行かないと」って言ってベイマックスと一緒に飛び込む。同じセリフやーーーー!!!!!お兄さんと同じこと言うたーーー!!!ヒロ成長したなあおーいおいおいおーいおいおい(涙)

飛行機能がケアロボットに必要でしょうか

ちょっとこれねー日本語版のブルーレイを見てないから日本語で語れないんだけど、ベイマックスが空手学んだときに、「空手がケアロボットに必要でしょうか」的なことを言うのね、で、バージョン2.0になったときも、「飛行機能がケアロボットに必要でしょうか」的なことを言って、でね、ヒロとベイマックスがキャラハン教授の娘を助けるために異空間ゲートに飛び込むときに、ベイマックスが「飛ぶ機能はケアロボットに持ってこいだよね!☆(英語意訳)」みたいなことを言うのよ!すごくない!おおおー!ってなるよねー!

ベイマックスもう大丈夫だよ

で、なんと言ってもこれ!!ベイマックスをシャットダウンしたいときはこのセリフをベイマックスに言えばいいんだけど、これが、ベイマックスを切り離して異空間から脱出する時も言わなあかんという辛さ。あそこで泣きましたガストンは。いやー泣ける。思い出しただけでつらい。「いやだベイマックスまで失うなんて!」みたいなことを言うシーンね。泣ける。この時、ベイマックスはヒロにとってタダシの代わりとも言える存在になっていたんですよ。心の支え。タダシが最初、ヒロをバイクの後ろに載せてボットファイトの会場から逃げる途中、斜面を利用してバイクに乗ったままちょっと飛ぶのね。そのときヒロがガラスに映ったタダシと自分を見る。同じ構図が、ベイマックスの背中に乗ってサンフランソーキョー上空を飛び回る途中に描かれてる。ビルに映るベイマックスと自分の姿を見る。ここから、ベイマックスがヒロにとってタダシの代わりともいえる存在になってるのを読み取れる。

そのベイマックスが!そのベイマックスがこれから死ぬっていうのに!「ベイマックスもう大丈夫だよ」なんて言えると思いますかおじさん!!大丈夫じゃねーよおじさん!!全然大丈夫じゃない!でもこの、状況と反対のことを言わなきゃいけない感じがまた泣けるよね。まさか最初「ベイマックスもう大丈夫だよ」って言えば機能停止になるっていうのを知った時は、この伏線がこんな風に使われるとは思わなかったよね。機能停止を命令する言葉がもし「ベイマックスもう大丈夫だよ」じゃなくて「シャットダウン」とかだったら全然泣けないよね。

と、いうわけで英語のセリフはどうなってるのだろうと思ったら、英語では「I’m satisfied with my care」でした。直訳すると「私は私のケアに関して満足している」となります。意訳すると「もう大丈夫」だよね。「ベイマックスもう大丈夫だよ」の方が泣けるなーだって名前呼んでるもん。と思いました。

ハニーレモンの戦闘シーンのもたつきがどうしても気になる

これねーベイマックスの中でどうしても気になっちゃった、一箇所だけ、ほんともう全シーン無駄がなくて完璧なベイマックスなんだけど、これだけどうしてもね、気になっちゃった。バージョンアップしたヒロたちが孤島に行って歌舞伎仮面と戦うシーン。ハニーレモンが科学ボールを床に投げて、無事ボヨンて着地して、柱づたいに移動して敵のスキを伺っている・・というシーン。あのシーン、いる?あのシーンなに?いる?あそこもたついてない?ものっすごい気になってしまった。他は大丈夫です。ベイマックス最高です

ベイマックスのロケットパンチは、中のバルーンの手どうなってんだろう

驚くべきことに、3回見ても気づかなかった。ベイマックスが普通にロケットパンチ繰り出してるけど、そのとき、中のバルーンはどうなってるんだろう。しぼんでるのかな。でも指の関節動かすためにメカメカした腕が中にあるんじゃないのかな。そのへんのおかしさに、3回見ても気づかなかった。「ロケットパンチのときの中のバルーン」についてなんにも考えなかった。あの「さらっと」感。すごい。気にならなかったことがすごい。

やっつけろ(2015.6.16追記) 

あと思い出したけど、ヒロが最初にボットファイトで1回戦ボロ負けした後、2回戦目開始直後に「destroy」(やっつけろ)と言って、でっかいマイクロボットが黄色のスマイルから赤色の怒った顔になる。これがベイマックスデストロイモードの時と同じ。キャラハンを追い詰めて、ヒロがタダシの緑チップを抜き取った後、ベイマックスに「destroy」(やっつけろ)といいます。ベイマックスの目も赤くなるし。おおー。ディズニーはこういう、同じセリフを2回言うのがとても多くて、そういうのおれ大好き。

ネタバレありのまとめ

ベイマックスとにかく名作だったね。もう文句ないね。文句のつけようがないね。100点満点中何点かって言われたら、んー、100点だね。ディズニーだし。マーベルだし。マシュマロだし。ベイマックス、もし実際に部屋にいたら邪魔でしょうがないだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です