本気で演劇をやろうと思う

こんにちは!日本の年間の全国の映画館の入場者数は2014年で約1億6100万人いるらしいよ!ガストンです!

こないだまでカナダのWebサイト作る系の専門学校に通っていたガストンですが、大好きな舞台を本気でやりたくなって、お恥ずかしながら帰国しました。舞台で食っていこうと思います。その現状の報告。

ガストンは舞台屋アホロという劇団の代表・脚本・演出・役者をやっています。

舞台屋アホロとは

僕が大学3年生のときに、友達と一緒に立ち上げた劇団です。舞台屋と言っていますがやっていることは演劇です。演劇とか劇団という文字ズラを見るだけで拒否反応を示す人が僕を含め少なからずいると思って舞台屋にしました。

舞台屋アホロとは?

武蔵野美術大学生を中心に活動する演劇ユニット。笑い8割、感動2割の王道エンターテイメントを目指す。第二回公演「コモーディア!」では約400人を動員。第三回公演を2015年11月に上演予定。

2014年6月に武蔵野美術大学内の教室で初回公演「アホロ」をやり、お客さんの合計は120人ほど。2015年3月、同じく武蔵野美術大学内の教室で、自分の卒業式が終わった後に第二回公演「コモーディア!」をやり、お客さんは合計400人ほど来てくださいました。学生の出し物としてはかなり評判もいい気がしている。本番がむさびの春休み期間中だったのにも関わらず400人集めたのはかなり自慢していいことだと思う。

初回アホロはメンバー8人で作ったけど、第二回公演では30人ほどでやった。規模の大きい舞台とか作れて幸せだった。今度の第三回は9人ほどで、学外でやる予定。

現在の活動内容

ガストンは大学卒業後、カナダに2年間行くつもりだったので、第二回公演が最後の公演になるはずだったのですが、結局3ヶ月で帰ってきたので第三回をやります。というか、第四回もそれ以降もやる予定です。舞台屋アホロを学生時代の思い出にせず、本気で続けてみようと思っています。

で、現在は11月末に上演予定の第三回公演に向けて既にメンバーも整えて活動中です。いま脚本考える段階です。第三回はムサビ内でやるのではなく、外部の劇場でやるので、そこで成果を出して知名度を広げることが今度の目標です。

生活費をアルバイトで稼ぎながら、アホロをやる日々です。つまりはフリーターですが、とても充実しています。この充実が他の人にもお裾分けできるようなクオリティの高い第三回公演にすべく邁進してまいります。

アルバイトをせずに舞台の収入だけで食っていけるようになることが今の目標です。

今後の計画

これから定期的に舞台屋アホロの公演を打つつもりです。またここでもお知らせします。ちなみにガストンの本名は山口です。もう一度言うけど、舞台屋アホロの代表・脚本・演出・役者です。ぜひ、今度劇場に会いに来てください。

第三回は今年の11月ごろですが、第四回はたぶん来年の春頃になります。その後は夏、その次は夏、その次は冬かなあ。

舞台屋アホロをでっかい劇団にして、大きな劇場で公演をやって、知名度を上げて、劇場で楽しい時間を過ごしてもらって、今までお世話になった人たち、今もお世話になっている人たちに楽しい興奮をお届けできるよう頑張ります。

今後とも、ガストンとその舞台屋アホロをよろしくお願いします。