今度のアホロ絶対見た方がいいよ

こんにちは!死ぬ気で生きているか!?と聞かれたら答えは「NO!」ガストンです!

ガストンねー。舞台やってるんだよ。アホロっていう劇団で役者やってるんだよ。あと広報もやってるんだよ。あと作・演出もやってるんだよ。ていうか代表だよ。ていうかアホロをガチでやるためにカナダから顔にモザイクをかけた上で顔から火を出しながらいたたまれない気持ちで帰ってきたよ。帰ってきちゃったからには全力でやってるよ。

今おらがやってる舞台屋アホロ第三回公演「お家に帰るまでがテロです」がかなりいい作品に仕上がってきてるからみんな絶対見た方がいいよ。

まず君アホロって知ってる?アホロがどのくらい力入ってる団体か知ってる?ちょっとアホロの自慢を箇条書きにするわ。聞いて驚け。

第二回公演では春休み期間中に約400人を動員

第二回公演「コモーディア!」では3月26日〜30日という絶賛春休み期間フィーバー中にムサビの7号館401教室でやったにもかかわらず約400人を動員(正確には393人)しました。すごくね?つまり本番2週間前くらいからムサビにポスター貼って一番の顧客(友達)であるムサビ生に宣伝できないという悪天候の中この盛況ぶり。すごくね?

全部学生の手作り。音楽も。

音楽も脚本も含めて全部学生が作ってます。小劇団の演劇って、何年もやってるようなところでさえ結構著作権無視して既存の曲使いまくってる現状があるんですが、アホロはそこちゃんとしてる。著作権ちゃんと守ってる。なんてったって代表のガストンが自分の卒業制作で「卒制だし!個人的な研究だし!いいっしょ!」という軽い気持ちで某映画制作会社のDズニーさんの著作権に片足を踏み込んだことによって展示期間中に作品を一部降ろされるという大失敗を犯してるから二度と同じ轍は踏まない。

笑い8割、感動2割の王道エンターテイメント

アホロはこれを目指してる。王道エンターテイメント。なんてったって「演劇にあまり興味がない人でも楽しめる舞台」を目指してる。って言ったら優しい言い方だけど、実際は「演劇?ああ知ってるよwww公園で朝から大声であ・え・い・う・え・お・あ・お・あ・い・う・え・おとか言ってる恥知らずどもが役になりきってよくわかんないこと叫びながら舞台上をかけまわる謎の娯楽でしょブフォwwwwwとか思ってる奴らの度肝を抜く舞台」を目指してる。なんてったって代表のガストンが高校生時代までそんな風に思ってた奴だからそいつらの気持ちわかる。だからコメディ。笑いながら舞台のおもしろさにひきずりこんじゃるから覚悟しときんさい。

・ガストンめっちゃ頑張ってる
ガストン作・演出・役者・広報やってる。言わずもがなガストンめっちゃ頑張ってる。ポスターとwebサイトおいらが作ったから絶対見ておくんなまし。公式サイトこちら

メインビジュアルこちら。
お家に帰るまでがテロです

Twitter
Facebook

チケットはこちら。
https://ticket.corich.jp/stage/apply.php?sid=69309&sdn=1

武蔵野美術大学の12号館1階にて毎日12:20-12:50までチケット販売してます。

劇場でおらと握手だ。