月別アーカイブ: 2013年1月

OBのTAが語る専門学校でwebデザインを学ぶ上で知っとくべきこと3つ

こんちは。この度、東京デザインプレックスというデザインの専門学校に魂を売って時給1000円のバイトに契約してしまったから彼らを悪く言うことができなくなってしまいました。大人になるってこういうことなのかな。

そこでTA(ティーチングアシスト)のwebクラスでバイトをすることになりました。OGOBの中からそこそこのwebスキルとそこそこのコミュニケーション能力を持った人を選んでるらしいんですが、持ち前のコミュニケーション能力で選ばれましたよぐひひ。webスキルはさておきですよぐひひ。

とりあえず、デザインならかじってるぜという方からwebデザインはおろかMacの使い方から初心者の方々が「先生」と僕を召喚する呪文を口にした瞬間にその席に飛んでいきあれこれ教えるのが僕の新しいバイトの内容なんですが、人によってはブラインドタッチさえできていなくて先が思いやられるのが現状です。どうせやるからにはめちゃめちゃできるようになってほしいと思います。

てなわけで、このブログを僕の担当しているクラスの人が見てるかどうか知らないけど、専門学校でwebデザインを学ぶ上で知っとくべきこと3つ喋るから聞いて。

1.自習せよ。学校は基礎の基礎の基礎だけ。

専門学校で教えられるのは基礎の基礎の基礎であり、多くの人が目指しているのであろう「webデザイン?まあできるよ」と素人にどや顔で言えるレベルまでに到達するために必要な知識の量で言うと、2割くらいです。授業でやってる量の4,5倍は家なり自習室なりでやらないと理想のレベルにはたどり着けません。僕なんか卒業制作作るときは帰りの電車で座れずともMacBookAirを片手で持って片手でタイプしながらコーディング打ってました。正直あれはバカみたいでしたが、電車の中でさえやるやつが帰宅したあと夜通しやらないわけもなく、それくらいのガッツがないと満足いくものは作れないということです。まあおれもまだまだ修行中だけどね。せっかくTAになったし自戒も含めて偉そうに喋るぜ。

webの世界には「Google先生」という全知全能の先生がおられます。世界中のプロのwebデザイナーがサーバにあげたブログなどに書いてある豊富な知識すべてをGoogle先生がいくらでもあなたに教えてくれます。そんなGoogle先生は24時間、年中無休であなたの家にいるというのに全く質問をしない愚か者があなたです。ネイティブ・アメリカンと同居しているのに英語の会話や質問をまったくしない自称「英語勉強中」と全く同じかそれよりひどい。Google先生への質問の仕方は慣れれば慣れるほどうまくなります。ベテランでさえガンガン質問しています。死ぬほど利用しましょう。

2.自分のレベルにあった時間の使い方をしろ

学校というものの授業は基本的に「全員が追いつけるスピード」で進行していくわけです。もちろん追いついていくのが精一杯な人もいれば暇で暇でしょうがない人もいます。僕は後者でした。時には先生に次の授業ではどんなことをするのか事前に聞いて「後から聞けば追いつけるな」と思えば大事なepa!(全身全霊をかけてやっていた大学のサークル)の会議を優先して休んだりしていました。また、授業のテンポが遅いなと感じたら勝手にGoogle先生の授業を受けていました。そんなクソ野郎でも卒業制作では先生や他の生徒に褒められるようなものを作れたのは授業を効率よく聞いていたからです。

自分のレベルにあった時間の使い方をしろ、というのは、自分のレベルと授業の進行速度を比較して、最も効率のいい時間の使い方をしろということです。Macの使い方など、自分が既に知ってることを先生が長い時間かけて喋っていたならその間ぼーっとしていてはいけません。ググればググるほど知識はつきます。

僕は自分のしたやり方に何一つ後悔していません。お金を払っているのは生徒の方なんです。受ける価値があると判断した授業のみ出席して、聞く価値があると判断した先生の言葉にのみ耳を傾けて何が悪いか。もちろん自分のレベルの判断を間違えなかった場合に限りますが。

3.授業料の大半は環境にあると考えて行動せよ。

うちのwebクラスはFacebookにグループを作っております。生徒やOBOGが定期的にそこへwebデザインに役立つ知識を投稿しており、とても魅力的な副教材といえます。個人的に思うこれの最も素晴らしいところは卒業後も生徒の勉強熱心なモチベーションが続く限りずっと続くということ、単に知識が入るだけではなく他の生徒が勉強しているのを見てモチベーションを高められるということにあります。

また、うちでは授業中のちょっとした合間や休み時間に授業の内容とは関係ないこと(ただしwebデザインに関係すること)を先生に聞くことができます。専門学校に通うことの最大の利点は、定期的にwebデザインを教わることができることよりもむしろ、定期的にwebデザインのプロと会って話すことができる環境にあると思います。つまり、自分から質問なりなんなりしろということです。質問をするためには疑問を持つことが必要です。疑問は授業についていくだけでは持つことはあまりありません。だから自習するんです。Google先生の教え方が下手くそすぎてよくわからなかったことは人間に聞けば大抵解決します。その時のあなたは「何がわからないかをわかっている」からです。そういう人は無敵です。環境をフル活用できます。

ちなみに、自習してできた疑問(もちろん授業でやってない)を先生に質問して「そんなことも知らないの!?」と言われることもあります。デザインを何年もやっている人の脳みそは一般人とはかなり違っています。フォントに対するこだわりとかちょっとした不便に対しての怒り具合とかを見ているとデザイナーという生きものの変人っぷりはパないです。しかしこの変人っぷりは何十時間、何百時間という努力と経験により積み上げられたものです。センスではありません。そういう変人にこれからあなたはなるんです。何度も言いますが、授業だけでは足りないのです。

最後に、MacBookProまたはAir買え。イー・モバイルなりiPhone5なりのモバイルネット環境買え。Adobe Creative Cloud買え。どうせやらないリファレンス本は買わなくていいから自習して何がわからないのかわかれ。疑問が持てたらTAにFacebookのメッセージですぐに聞け。

以上!!

スノボーに行って来ました

ぐへへこんばんは。随分長いこと更新してなかった気がすとんですが1月24,25,26日に2泊3日でスノボーに行ってきました!!よよい!

グストンは実は武蔵野美術大学のバドミントンサークルに入っていて、といっても1年以上幽霊部員でして、夏のキャンプとか冬のスノボーとかそんなバドミントンをしないイベントだけ出没する都合のいいクソ幽霊なんだけれども。

いやーしかしもうすごく楽しかった。20人くらいでバスで5時間くらいかけて長野まで行って旅館に2泊3日で朝夕食つきで夜は温泉とかもう修学旅行以外の何物でもなかった。夜は飲んで騒いで、男女の壁がいい意味でまだちゃんとあって、温泉の男子浴場ではちゃんと女子風呂の覗き方とかくだらない話が出来て、恋話や真面目なトークやいろんな話が盛り上がって、でも(幽霊部員のおれにとっては)全員知り合いってわけじゃなくて、まだあんまり話したことない人と話すちょっとしたそわそわ感もあって、こんな修学旅行みたいな旅行は人生で大学生のうちしか絶対できないんだろうなあとしみじみ思った。もうホント楽しかった。友達と腹から笑えた。幹事してくれたあいちゃんありがとう。そしてこんな幽霊部員と仲良くしてくれるバドの人たちみんなありがとう。

で、この旅行で持ち帰ったこと。

とりあえずバド行こう。

この人たちともっと会いたい。喋りたい。関わりたい。まじでそう思った。特に最近「友達って大事だね」と今更思い返していたヤマグチにとって、友達に囲まれたこの2泊3日の幸せっぷりはもう脳みそに焼き付いた。(次にバド行けるのはだいぶ先なんだけどね…しかも3回ほど休んでからなんだけどね…トルコ旅行だから仕方ないぐふう)

あと、スノボー旅行で、何人か話せなかった1年生の子がいた。話したかった。でも1年生の子からしたら「なんだこのいつもムサバド来てないのにスノボーだけくる お調子者キモス」って感じなんだろうからそりゃ壁があって当然だろうなと納得した。いつもバド行ってなかったことが悔しく思えた。

iPhoneで写真もっと撮ればよかった。おみやげもっと買えばよかった。いろんな人ともっと話せばよかった。おれみたいなのが話しかけていいものかなんて考えなきゃよかった。素直になろう。自分のしたいように友達と笑おう。それがすごく楽しいことで、自分の幸せそのまんまなんだと気づけた旅行だった。行ってよかった。

…にしてもレンタルのウェアは本当に臭かったです。二度と借りない。

本の読み方

こんにちは。この春、イギリスに留学することに決めました。行ってきます。ガストンです。

本の読み方で気をつけていることがあります。意外と読んでるうちに忘れがちです。僕は小説は全く読まないのでここではそれ以外のいろんな本においてです。

1.よくわかんなかったら読み飛ばす。

ちょっとでも「ん?んー…どういうことだ?」と思ったら、ちょっとだけ考えてわからなかったら深入りせずに読み飛ばすことを心がけています。そもそも書かれてある内容100%ためになる本なんか稀でして、70%くらい吸収できりゃ十分と思います。著者がよくわかんないこと言い出したらそれは今の自分では吸収できない30%なんだと割り切り、読み飛ばします。自分が快適に読み進めて最後まで読めることが一番大事だと思います。よくわかんないところでつまづいてやる気もなくなって途中でやめてしまっては70%すら吸収できないからです。

2.興味のない知識は読み飛ばす。

読んでる最中に、言ってることはわかるけどだから何?って思っちゃうような興味の薄い知識に出会うことがあります。

例えば僕は今「池上彰のやさしい経済学」という本を読んでいますが、銀行という機関がどのようにして生まれてたのかという話は興味も引かれる話しで、面白かったのですが、過去の偉大な経済学者たちが当時どのような理論を持っていて、どういう過程で今の状態に行き着いたのかという話はあまり興味が持てませんでした。理論の名前を太字で書かれても、今「へぇ」と思うだけで1ヶ月後にはまるで覚えていないだろうと思うからです。

読んでいて「今、読んでて楽しくないなあ、興味ないなあ。読むことが次のページをめくるための課題みたいになっちゃってるなあ」と思ったら、すぐに飛ばし読みするようにしています。

ちなみに飛ばし読みというのは、目線が縦ではなく横に動く感じです。そうすると単語しか目に入らなくなり、「著者の言いたいこと」はわからなくなりますが「著者が今何について言っているのか」はわかるようになります。なので自分が読みたい、読むべきと思うところに到達するとちゃんと目を留めることができます。

3.よくわかんないのとか興味がないのが長く続いたら読むのをやめる

最後まで読むことが大事、と書きましたが、1.や2.があんまり多いようだとつまらないので途中で読むのをやめるように心がけています。一番大事なのは無駄な時間を使わないことです。

でももしかしたら本の後半に面白い内容があるかもしれないので、そういうときは何十ページ単位、あるいは章単位で飛ばし読みします。あるいは目次を見て、おもしろそうなタイトルの章だけ読むという感じです。もちろんおもしろそうなタイトルでも実際読んでみたらそうでもなかった場合はすぐに読むのをやめます。

以上です。

最近特に強く思うことですが、インプットもアウトプットも質より量だと思うので、本など、知識や考えのインプットはじゃんじゃん取捨選択してつまらないものに「ホントはつまらなくないかも」なんて考えてだらだら時間を費やすことはもったいないです。世の中にはたくさん本があって、自分が手にした本が自分に合っている本であることのほうが可能性が低いです。めちゃめちゃ気が合う人に巡り会える可能性が低いのと同じで、自分に合ったいい本に出会える可能性も低いと思います。