月別アーカイブ: 2013年3月

語学学校体験記3 -英語は英語で学ぶべし(だそうだよ)-

「はぁ?」は英語で「I don’t know what you mean.」です。英語って難しいね。グッスントンだよ。

語学学校にきて、初めて「英語を英語で学ぶ」ということをしました。これが以外と可能なことだと知りました。最初は、「だって英語がわからないから英語勉強しに来てるのに、全部英語で授業されたらわかるわけないじゃん」と思ってましたが、もう全然、余裕でできると知りました。しかも日本語でやるより断然「よさげ」です。今日はそれについて。

例えば「過去形」は「past simple」です。「過去進行形」は「past continue」で「過去完了形」は「past perfect」です。考えてみたら当たり前だけど、ちゃんと英語でも文法のルールとかの表現が用意されてるわけです。そういった単語を使って文法を勉強していくわけです。わからない単語が出てきても、「I don’t know this words.」って言ったら先生が似た単語や例文を駆使して説明してくれます。説明が難しい単語も、「こういう状況でこういう風に使ったりする」という風に説明してくれます。そしたら割りとわかります。

先生の言ってる内容が半分くらいしか聞き取れなくてもなんとか授業はついていけます。周りを見たら今何をすべき時間なのかは大体わかるというのは日本の学校にいても誰もが気づくことです。

そして、こっちにきて英語で英語を勉強するということを初めて経験したわけですが、先生達が口をそろえて言うのは、単語力も文法もとにかく英語の勉強は英語でしろ、ということです。僕は大学受験の時に愛用していたシステム英単語という単語帳を使ってこっちにきてからも多少勉強していましたが、それは日本語→英語の流れで頭に入れるわけですが、こっちの先生は英語→英語で理解しなさいというわけです。実際、語学学校の授業中に、和英、英和辞書を使ったら怒られます。辞書も、英和とか和英ではなく英英辞書を使いなさいというのです。最初は、んなむちゃな!!と思いましたが、こっちでバイトをしながら10ヶ月語学学校に通って本気で将来を変えようとしてる韓国人の友達もそうしていると聞いて、そんなもんなのかなーと思い出している今日この頃、というか今日、です。

また先生は、英語の新聞を毎日ちょっとずつでもいいから読みなさいと言います。わからない単語が出てきても、推測しながら読んでいくことが大事だと。似たことをホストファミリーのお母さん(建築デザインの先生をやってるぽい)が言ってました。部屋にこもってガリ勉するよりもテレビとか映画を英語で見まくってシャワーのように英語をたくさん浴びることが大事だと。聞いたときは受験勉強時代に信じて疑わなかった学習方法とは真逆のことを言われて驚きを隠せませんでした。むしろ受験時代は、参考書読むよりも英語でテレビとか見るほうが効果的だったらそうするのになーと望んでいたことでした。もしかしたら、センター試験対策と実用英語対策の違いなのかもしれません。

英語→英語の単語帳を読んでみようと学校の図書館(先生にそういう参考書が欲しいといったらそこに行けと言われた)に行ってみたら、そこには確かに「vocabulary」と書かれているが「単語帳」と呼ぶには程遠い、まさに英語の教科書のようなものしか置いていなかったのです。どういうことかというと、日本でおなじみターゲットやシスタンのような単語が羅列してあるようなページは全くなく、英語の教科書のようにA君とB子さんの会話や、レストランのメニューや、やたら物事が多く盛り込まれている賑やかな公園のイラスト(滑り台に①と書かれていてイラスト下に①slideと書かれているみたいな)などなどがたくさん乗っていて、vocabularyの羅列はページの隅っこにおいやられている、といった感じのページ構成です。まさに英語の教科書です。問題文も英語で書かれた英語の教科書です。

子供だましだ!!と最初は思いましたが、実際、英語という「言語」の知識を「暗記」するということには元々違和感を感じていて、こんな子供だましみたいな学習方法でネイティブは母国語を学んだ(イラストの下に単語が書かれてる絵本など)と思えば不思議ではないかも、と思います。今は語学学校の先生の言ったことをひとまず信じてます。

だって英語で英語を理解するのって、すごく楽しいんだよ。日本語を間に挟まずに脳みそに概念が入り込んできてダイレクト理解できるんだよ。こんなの大好きよおれ。「ああー!!はいはいなるほどね!!」って英語でなんて言うのか知ってたらおれ、脳内再生数半端ないことになってると思うよ。

だからとりあえず英語で英語を理解するの頑張ってる。

ついでに和英も英和も電子辞書も紙の辞書も日本から持ってくるの忘れた山口には朗報なのでした。

語学学校体験記2

こんばんはガストンです。ロンドンで日曜日をwebサイト作成に捧げました。観光より楽しかったです。

短期留学開始からちょうど1週間がたちました。感想としては、短期留学、思ってたより大したことないなーという感じです。といっても、「海外留学」というものに対して誰でも過剰なイメージを持っていると思います。英語難しそうとか手続き大変そうとか体力使いそうとか人生観変わりそうとか素敵な出会いがありそうとかとにかくすごそうみたいなね。でもやってみたら当然ながらそういった漠然とした先入観がバッチリ的中するはずはなく、なんでも慣れればショボく見えるもので、一週間ともなるともうまるで最初抱いていた素敵なイメージはないわけです。でもそれは決して思ったよりつまらない、というわけではなく、抽象的なイメージが具体的な経験に変わってキラキラしたものではなくなったというだけです。

そしていろいろ具体的にわかってとても楽しい留学体験を今しています。

英語を勉強したのにそれを仕事に活かさずに一生を終える人はどのくらいいるのでしょうか。かなりいるんじゃないかなーと根拠もなく直感でそう思っている今日このごろです。語学学校に通ってまだ一週間ですが、自分が何をどのようにどれだけ頑張れば英語圏で仕事ができるくらい(日本語くらいぺらぺらということ)のレベルに達せられるのかがなんとなくわかってきたような気がします。なんとなくわかってきた具体的なことを今日は書きます。

語学学校にきて間もなく気づいたのは、自分は日常生活をするのに必要な最低限の英語力は持ち合わせているということです。お店での買い物、路線図を読むこと、人に道を聞くこと、相手が会話の中で自分の知らない単語を口にしたら「それはなんて意味??」と聞くことができる、などです。もし僕がホームステイや寮生活をしながら語学学校に1年通わなければならないとしたらそれは可能だということです。

でも、お店でアルバイトをするとなるとそれは多分ムリです。あまりに頻繁に「ちょ、今の単語どゆ意味??」と聞いていては仕事にならないと思いますから。さっきの「最低限の日常英語」がレベル1だとしたらこれはレベル2です。さらにレベル3は、お店のアルバイトではなく正社員になるだとか、海外でwebデザイナーとして働くとかではないかなと勝手にランク付けしてます。

さらに留学で気づいたのは、どうやったらそのレベルがあがるか、です。

日本で英会話教室に通い駅前留学することよりも実際に海外の語学学校で学ぶことが優れている最大の点は、放課後も英語漬けになれるということです。つまり友達さえ作ってしまえば授業は放課後も、しかも無料でずっと授業が続くわけです。しかもマンツーマンだったりします。語学学校で相手も自分と同じ英語を学ぶ身なので、自分の英語での喋りが遅くてもある程度待ってくれます。ネイティブではなくても英語をある程度話せる相手との会話は自分にとって十分な学習となります。

そういった、毎日英語を喋れる環境を作ることができると何がいいかって、昨晩家での勉強で覚えたフレーズを今日試せる、ということです。こんなに素敵な環境は日本にいては手に入りません。これめちゃめちゃやる気出ます。膨大にある英語のフレーズや決まり文句などは何度も繰り返し実践的に使っていかないとスラスラと口から出てくるようにはなりません。僕は英語の先生ではありませんが、最近直感でそう感じています。

例えばexactlyって単語。会話の中で相手が的を射たことを言ったときなどに「その通り!」みたいな意味で使いますが、こんなの、相手が一回言ったのを聞いて、「その通り!みたいな意味だろな」とわかって、自分も会話の中で勇気を出して使ってみて、そこで相手が「?」な顔をしなければ「よし使い方あってる」と確信出来ますよね。そうなったらもうexactlyは忘れません。次からはポンポンexactlyが出てくるようになります。

そういう単語をどんどんどんどん増やす。するとどんどん「英語ができる人」とやらに自分が近づいて行ってることに気づきます。それが英会話のレベルをあげるということじゃないかと思うようになりました。

ですがあくまで「英会話」のレベルです。「読み書き」はまた別です。読み書きに関しては海外留学してて勝手に上達するなんてことはないなと感じています。家で教材開いて文法なり長文問題なりガリガリ解いてた受験スタイルがよほど上達する(上達とは英語の新聞とか文章が読める、長文が書けるということ)と感じています。あくまで「感じて」いるだけですが。

スピーキング、リスニングは直感で言えば、半年かあるいは一年または数年(期間は全然予想がつかない)向こうで住んで24時間レッスンの環境を整えないとなかなかレベル3(上記の就職レベル)には達しないんじゃないかと思います。

リーディング、ライティングに関しては逆に(読み書きの教材やりゃいいわけだから)環境は日本でも整っているといえると思います。日本にいる間も海外留学中もがりがりやったらいいと思います。僕も今システム英単語とかやって語彙力増やしてます。

ぼくの場合、海外で英語を使ってwebデザイナーとして仕事をしたいというのが選択肢の一つにあります。今はまだあくまで選択肢の一つに過ぎず、やりたいこと探しを続けている段階なのですが、webクリエイターボックスのマナさんみたいに色んな国でデザインの仕事をするのは素敵だなと思ってます。

で、いずれにせよやるならやるでがっつりやらないと、まず英語圏進出というのは叶わないと感じています。語学学校の友達で、既に結構ペラペラな友達がいます。彼女は韓国人で、韓国料理店でバイトをしています(上記でいうとこのレベル2)。今の語学学校には計10ヶ月通うそうです。もちろん英語圏で仕事をするためです。

一ヶ月短期留学しただけで人生がどうにか変わるとはとても思えません。少なくとも一年働きながら英語漬けになって英語を勉強しないとレベル3には達せないと思います。英語を勉強したのにそれを仕事に活かさずに一生を終える人がどれくらいいるんだろ、というのはこういうことを思ってのことです。

僕が短期留学一週間目で感じた具体的なこととはこんな感じです。

それから、もうひとつ今ここで書いときたいのは、英語ができるようになるだけでは世界は面白くならないと思うということ。

英語が話せるようになったら世界の20億人くらい?と話せるようになると中学校の英語の先生がよく言いますが、20億人と話したいがために英語を話す人はいません。どっかの大学のなんとかって教授が日本では誰もやってないような面白い研究をしている。その人と会って色々話を伺いたい。でもその人は英語しか喋らない、じゃあ英語を自分も話せるようになろう、といった動機の方がよっぽど具体的で実際にありそうで現実的です。

何が言いたいかっていうと英語が話せるようになっても面白い人と出会わないと人生は面白くならないんじゃないかということ。世界は「言語」ではなく「人」で回ってる。英語はツールでしかない。そのツールを勉強しながら、使えるようになってじゃあ何をしたいのか考えることはすごく大事。さらには英語を話せる状態で面白い人と出会った所で、自分自身が面白い人間でないと、相手は自分と話してくれない。当然ながら英語話せることは海外に出たら何のステータスでもない。英語を学問として見ては行けないのです。赤ん坊が何の特別な努力もせず生まれて数年でマスターするようなものだと思わないといけないのです。

日常英語ペラペラにならなくていい

日本人の多くが英語話せるようになりたいと思ってるけど、そのうちのほとんどは英語を話す必要がない。と僕は思います。

目的もなく、できるようになったところで何がしたいというわけでもないのに「イラレできるようになりたーい」「フォトショできるようになりたーい」とか言うだけ言うのは美大の1年生だけに許される特権ですが、多くの人が2,3年になってこの発言の馬鹿馬鹿しさに気づきます(気づかないとだめぷー)。これと全く同じだと思うんですよ英語も。

英語話せるようになったところでじゃあどうしたいの??って聞かれてちゃんと答えられる人はまず「英語話せるようになりたーい」なんて英語勉強してない人しか言わない「言いたいだけ願望(【別名】 : 星に願いを または 正月の抱負)」はしないんです。黙って勉強してるんです。そもそも「英語できるようになる」って言葉がもうバカ丸出しです。

で、日常英語と専門英語があって、黙って勉強してなくて「英語できるようになりたーい」って言ってる人の指してんのは日常英語の方だと思う。

でも日常英語の方が激ムズなの。考えてみいよ。両親は日本人で顔も完全な日本人、でも育ちは完璧アメリカで英語ばりばり、でも日本語は最近勉強始めたくらいでまだまだですう、みたいなやつがお前の周りにスパイとして実はいたとする、さあ、誰でしょう。そんなことありえないけど、仮ありえるとしたらそいつは日常生活でたわいもないことを喋る仲良しの友だちではなくて、取引先とか仕事の話しかしないような仕事仲間だと思わないか??なぜか。あんまり喋らないし、喋ったとしても話の分野が絞られているからだ。日常英語よりも自分の専門分野の英語をマスターしてその分野のことについて話す方が絶対簡単だし絶対楽しい。

そもそも、日常会話ってそんなに楽しいか??そんなに英語でも話せるようになったらいいなと思うようなものか??話せるとした初対面だぞ??そいつ。初対面の日本人と話してそーんなに楽しいか??これが外人で英語になったとしても、もともと初対面の人と話すことがそーんなに好きじゃない人なら英語ペラペラになったとこで同じだぞ。初対面の人と話しても楽しくないぞ。もっと言えば、笑いのツボも関西や関東なんてレベルじゃないくらいに違うんだぞ。全然楽しくないぞ。

もっと言えば、言葉の壁もきついけどジェネレーションギャップも割りとキツイじゃんよ。おれ専門学校行ってた時30代40代の人と飲みに行ったけどマジで話噛み合わなかったぞ。10歳年の離れた人との日常会話が楽しめないおれが英語話せた所で30代のアメリカンとの日常会話が楽しめると思うか??

「違い」を本気で楽しめるような活発で好奇心強くてもともと人が好きでさらに超コミュ力高いようなやつじゃないと、外人との日常会話が日本の仲良い友だちと一緒にいるよりも楽しい、なんてことはありえないと思うぞ。おれは、語学学校2日目でこんなこと言っちゃあれだけど、「異文化交流」よりも「うまく言えないけどその感じわかるわ〜!!!!ってやつを日本の友達と味わう」こととか、デザインのこととか将来のこととかについて日本の友達と語り合うことの方が好きだ。

「日常英語」を人生という短い試験期間中にマスターしたいなら向こうに職も持って何十年と住むか、外国人と結婚して英語で暮らすかしないと無理!!と思うんだけど、それおれ両方したくない。日本で仲の良い友達といつでも飲みにいける環境に何十年と住みたい。だからおれは日常英語マスターしなくていいやと思ってる。

勉強はするけどね。マスターはしなくていいけど、デザインについて英語で語り合えるようにはなりたいから。散々言ったけど、デザインは「意識する範囲を自分で狭めてはいけない」と思うから(つまり、日常の中の誰かのちょっとした言動から発見があるから)日常英語もそこそこできるように、なりたーい。