月別アーカイブ: 2015年7月

団体を踏み台にしなさい

こんにちは!鉄棒で逆上がりができない大人はどれくらいいるんだろう。折り紙で鶴が折れない大人はどれくらいいるんだろう。どうでもいいけど。ガストンです!

僕は去年まで武蔵野美術大学に通ってて、そこでお世話になったepa!(えぱ)っていうパフォーマンスサークルがあって、そこで照明をやってる後輩の友達が言ってたんだけど、いま演出を担当してる子が、「epa!を改革しようと頑張っている」そうです。epa!になかった新しい演出を取り入れたりするそうです。素晴らしいね。改革っていう言葉の響きがいいね。

なにが一番嬉しいかって、今epa!をやってる子が、好き勝手やってる感じがとてもいい。美大のサークルなんてものは個人が踏み台にしてなんぼのもんだと思う。歴史は大事にしなくていいんですよ。今日はそういう話。

続きを読む

言い訳について考えた

こんにちは!来世で生まれ変わるとしたら何になりたいか!?人生をもっかいやるだなんてまっぴらです!ガストンです!

前に書いた「こっちの人sorryって言わんのマジだった」という記事に関連する話なのですが、僕は小学生の頃に「言い訳」という言葉についてめっちゃ考えたことがあります。考えているうちに、言葉というものは言葉以上の力を秘めているのだということがわかってきました。何を言っているかわからないね。それを今日は書きます。

続きを読む